お気軽にお電話ください。
スタッフBLOG(鍵紛失時の事例)

三菱デリカD:5 イモビライザー付き鍵のトラブル

デリカD:5で鍵を紛失してしまったり、エンジンがかからない場合、移動できずに困ってしまいます。デリカD:5には、イモビライザーが標準装備のため、合鍵を作製しただけではエンジンが始動せず、コンピューターのIDコードと一致させなければなりません。
ここでは、イモビライザー付きのデリカD:5の鍵を紛失した場合の対応について紹介します。

デリカD:5の特徴とは?

デリカシリーズは1968年に商用モデルとして登場し、トラックの販売をスタートしました。翌年には、デリカコーチが発売され、デリカシリーズでワゴンモデルの原点とされています。
2007年1月に、デリカスペースギアに継ぐモデルとして発売されたデリカD:5は、1BOX車の広い室内空間と、高い車高でオフロードでの走行性能を高めていることからSUVの要素も兼ね備えています。デリカD:5は、2020年6月現在、13年以上フルモデルチェンジを行なっておりません。

デリカD:5は、これまでFRベースからFFベースとなり、骨格から見直した安心安全設計の新開発「リブボーンフレーム」は、乗員をしっかり守る構造が特徴です。
FFモデルは一部に限られ、ほとんどのモデルは電子制御4WDです。電子制御4WDを採用したデリカD:5は、少々ラフな路面でも高い走行性能を持ちます。
安全面では、運転席ニーエアバッグを標準装備し、サイドエアバッグはオプション設定されています。

185mmのロードクリアランスは、少々のラフな路面でも快適に走行でき、アウトドアを好む方々に高い人気があります。

搭載エンジンは、4WD車に170馬力を発生される2.4L MIVECエンジン、2WD車にはアイドリングストップ機構や回生エネルギー充電制御機能を持つ低燃費の2.0L MIVECエンジンを搭載し、トランスミッションはCVTを採用しています。

2013年1月には、2.2L DOHC 16バルブ4気筒コモンレール式DI-Dクリーンディーゼルエンジン搭載車を追加しました。日常域の1,500~2,750回転で最大トルク36.7kg-mを発生させる扱いやすい力強さを持ち、3.5Lガソリン車並みのパワーを発揮します。燃費性能は13.6km/Lと2.0L車並みの低燃費を実現しています。DI-D搭載モデルのトランスミッションは、大トルクを確実に伝達するトルコンタイプのスポーツモード付6ATを採用しています。

2019年2月のビッグマイナーチェンジでは、フロントデザインを一新し迫力あるデザインに変更されました。より進化を加えた2.2Lクリーンディーゼルエンジンと新開発の8ATの組み合わせで、燃費と動力性能を向上させました。
安全面では、予防安全技術「e-Assist」を採用し、歩行者も検知可能な衝突軽減ブレーキやれたーだークルーズコントロールを装備し、安全性能を充実させています。

参考:「デリカD:5」を発売 プレスリリース

「デリカD:5」にミニバン初のクリーンディーゼルエンジン搭載車を設定 プレスリリース

オールラウンドミニバン新型「デリカD:5」を発売 プレスリリース

デリカD:5のイモビライザー付車の特徴は?

出典:デリカD:5 快適装備

デリカD:5は、盗難の被害を防ぐため、IDコードが登録された正規のキー以外ではエンジンが作動しないエンジンイモビライザーシステムが装備されます。デリカD:5は、2007年1月発売開始モデルから全モデル標準装備します。
デリカD:5は、2007年1月発売モデルからスマートキー+ツイストノブスタート、2019年2月発売モデル以降は、スマートキー+プッシュスタートシステムを採用しています。
なお、デリカスペースギアには、イモビライザーは装備されません。

デリカD:5の鍵の形状について

デリカD:5のスマートキーに収納されているエマージェンシーキーは、外側にギザギザがある通常の鍵山と同じタイプです。鍵を紛失した場合に、ご加入の自動車保険のロードサービスで鍵開けを依頼して開錠してもらえますが、イモビライザーのID登録はできません。

スマートキーのボタンの数に注意

出典:三菱 デリカD:5 外観
出典:三菱デリカD:5 取扱説明書 P4-12

デリカD:5でスマートキーの作成依頼の場合には、スマートキーに備わるボタンの数に注意しましょう。鍵業者は、そのボタンの数に合ったスマートキーを用意するためです。
スマートキーには、電動スライドドアのボタンもあるため、ドアロックの開錠、施錠、オートスライドドア左右のボタンがあります。電動スライドドアが左側のみの場合は、ボタンは3個、両側電動スライドドアの場合は、ボタンは4個です。
さらに、エレクトリックテールデートスイッチと呼ばれるパワーバックドアを装備したモデルの場合、パワーバックドアのボタンも備わるため、ボタンは5個装備されます。
デリカD:5の電動スライドドアスイッチは、スマートキーの両サイド部分の端にあります。

SUV感覚のミニバンデリカD:5はイモビライザー標準装備

三菱を代表するミニバンデリカシリーズの5世代目モデルD:5は、ミニバンの広い室内空間と、SUV並みのロードクリアランスを持ち、アウトドアで大活躍します。クリーンディーゼルモデルは耐久性や信頼性など海外でも注目されるエンジンのため盗まれやすい車とされています。
盗難の被害を防ぐためデリカD:5にはIDコードが登録された正規のキー以外ではエンジンが作動しないエンジンイモビライザーシステムが装備されています。

スマートキーの電池残量が少ない場合

スマートキーの電池残量が少ない場合、ブレーキを踏んでスタートボタンを押しても起動しません。スタートボタンにスマートキーを近づけてもう一度スタートボタンを押してみましょう。この方法で起動した場合、早めに電池交換しましょう。
ツイストノブスタート方式の場合は、ノブのロック解除ボタンを押しカバーを外します。カバーを外すとエマージェンシーキーの差し込み口が出ますので、キーを挿入してエンジンを始動します。

電池交換は、マイナスドライバーを布で覆うなど、スマートキーにキズをつけないように注意してケースを開けるとコイン型の電池が入っています。
デリカD:5のスマートキーの電池はCR2032です。
電池交換の際には、実際に使用されている電池や取扱説明書をご確認下さい。

デリカD:5のイモビライザー付きの鍵トラブルは鍵業者へ連絡

デリカD:5イモビライザー付きの鍵を紛失したなどトラブルの場合、カギのトラブルなどを取り扱う業者に連絡するのがベストです。トラブルが発生した場所まで出張し、鍵開けから、コンピューターのリセットを行い、コンピューターのリセット作業、イモビライザーの登録が可能です。デリカD:5は全モデルイモビライザー装備します。2007年1月発売からのモデルはスマートキー+ツイストノブスタート方式、2019年2月発売のフロントフェイスが変更されたモデルはスマートキー+プッシュスタート方式です。
鍵業者に連絡する場合は、年式やカギの種類、エンジンの始動方法、スマートキーのボタンの数などわかる情報をすべて伝えるとスムーズです。
鍵業者に依頼することで、30分から1時間の作業で完了し、車が使用できる状態になりますが、ディーラーにお願いする場合には、ディーラーまでのレッカー移動および、コンピューターの交換が必要とされ、スペアキーが無い場合約1週間クルマが使用できない状況になる可能性があります。

地元出勤、柔軟対応、適正価格!車やバイクのキーを失くされた方はフリーダイヤル0120-993-896
栃木県の宇都宮市のイモビライザー・スマートキーの紛失・トラブルはお任せください。

関連記事

コメントは利用できません。