お気軽にお電話ください。
スマートキーは、車のバッテリーにも負担がかかる

スマートキーは、車のバッテリーにも負担がかかる

スマートキーは、持っているだけで車のドアロックを解錠できるとても便利な装備です。

キーを持っているだけで、ドアロックを解錠して車のエンジンをかける。

そんな便利な体験になれると、たとえキーレスドアロック車でも、車のキーを探してドアロックを解錠するボタンを押してドアロックを解除して、エンジンキーを差し込んで車のエンジンをかけるのは非常に面倒に思えるものです。

キーの電池消費以外に気をつけるべきこと

スマートキーを使っていると、スマートキー自体の電池の消費も大きくなります。

それは、スマートキー自体が常に電波を発し続けているからです。

キーレスエントリーがボタンを押した時だけ電波を発するのに対して、スマートキーは常に電波を発しているのですからその分電池の消費が多くなってしまうというのは致し方のないことです。

しかし、実はスマートキーには車のキーだけではなく、車本体についても心配しなければならないことがあるのです。

実は、車も電力消費している

スマートキーを搭載した車本体はスマートキーからの電波を受けるための電波常に出し続けています。

その電力量は大したことがないもので、1週間やそこら車に乗らないくらいでは問題がないのですが、1ヶ月やもっと長期にわたって車に乗らないと、バッテリーの電圧が低下して下手をするとバッテリーが上がってしまう場合があります。

最近の車は特にヨーロッパ車に多いのですが、バッテリーの電圧が下がると、コンピューターが判断して必要のない電力供給をストップする機能を備えているものがあります。
そんな車の場合、バッテリーが低下してくると、スマートキーの機能を真っ先に停止するものがあります。

そうなると折角のスマートキーの機能が使えなくなってしまい、キーをリモコンキーとして使う(ボタンを押してドアロックを解除する)か、物理的なキーを使ってドアロックを解除しなければいけなくなります。

セキュリティシステムを搭載している車は要注意

最近の高級車の一部には、後付けのセキュリティーシステム(警報装置)ではなく、純正でセキュリティシステムが備わった車もあります。
そんな車の場合、車に乗らなくてもバッテリーが消費されていくために、あまり車に乗らない場合にはバッテリー電圧が低くなることがあります。

そんな場合にもスマートキーが無効になる場合もあるのです。

搭載されているバッテリーも需要

車のバッテリーの種類や容量も重要なポイントです。バッテリーの性能が低いとすぐに電圧が下がってしまって、スマートキーが使用できなくなってしまいます。
最近の車はさまざまな電装品が搭載されていてバッテリーの負荷も高くなっているのです。バッテリーを交換するときにはそれなりの品質のものを選ぶ必要があります。

まとめ

このように、スマートキーはキーと車とが一つになって実現されている装備です。
どちらかの性能が落ちると正しく機能が使えなくなってとたんに不便になってしまうので注意が必要です。

スマートキーの鍵紛失はこちら

地元出勤、柔軟対応、適正価格!車やバイクのキーを失くされた方はフリーダイヤル0120-993-896